神待ち エッチ

 「エッチしても良いの?」
「泊めてくれるんなら良いよ」
俺の問いかけに軽い感じで答えたのは、神待ちをしていた女の子。
 俺も暇だったのと、エッチもしたかったということもあって、たまにはいいかと思って声をかけてみたら大当たりだった。
 「ゴムは着けてよー?」
「分かってるよ」
初対面とは思えないほどの馴れ馴れしさだけど、一晩この女の子を自由にできるなら、細かいことは気にしない。
 「神待ちなんて、結構泊まれるのか?」
「お兄さんと同じで、エッチありなら結構いるね」
「まぁ、そうなるよな」
二人で笑いながら、家に向かうことにした。
 途中、日も暮れてしまったので、ファミレスで食事をしてからコンビニによって夜食ついでにゴムも買う。
 「何回しても良いのか?」
「どんだけ溜まってんのー」
と、その女の子は笑いながらも頷いていた。
 家に着いたら一緒にお風呂に入り、早速お風呂で一回目を済ました。
 比較的大きめの胸は垂れることなく良い形をしている。お風呂から上がったあとも、テレビを見ながら女の子の胸を触って楽しんだ。
 「おっぱい触るの久し振りだ」
「触るだけで良いの?」
その娘にそんなことを言われて、今度はベッドで激しく身体を求めた。
 うん、神待ちも良いもんだな。
 内心そんなことを思いながら、彼女の体を貪るように愛撫し、舐め回した。
 「数日泊まっていけよ」
「お兄さんが良いなら、泊まってく」
下から彼女がキツく抱きつきながら耳元で彼女が答えた。
 何日かは、楽しめそうだな。
 お互い楽しい数日が送れるように、俺もなんかしてやるか。
メル友募集
メル友

彼女 作り方

 社会人になってからというもの正直な話、出会いがありません。
学生時代は気軽と女友達も出来たし彼女だって作れたのですが、社会人になった途端にこういう美味しい話から隔離されたかのように出会いが無くなってしまったのです。
もちろん世の中の社会人がみんなそういうわけではないですよね、ちゃんと出会いを見つけてラブラブな社会人もいるわけだし。
どうやってああいう奴らは出会いを見つけているんだ?っていつも不思議で仕方なかったですからね。
そういう奴らに聴いてみたいですよ彼女の作り方っていうのを、なにか特殊な方法があるんじゃないかと勘ぐってしまうぐらいに女日照りが続いていて。

もうさすがに耐え難いものがありましてね、作り方が知りたいって思ってネット調べてみたりということまで。
でもこれといった作り方って結局決定的なものって無いですよね、各々違うわけだしね。
ただ最低ラインの守るべきことっていうのは必要なのかもしれないとは気が付かされました、清潔感であるとかガツガツしないとか、このへんは誰にも共通して言えることかもしれないなと。
確かに無精者の自分清潔感には乏しかったかもしれないんですね、ですから無精髭もしっかりと処理したりヘアスタイルも整えたり。
洋服のシワとかも、ないようにしたりと、ちょっとした工夫をしてみたんです。
すると、女性たちの態度が明らかに変わってきたんですよね、もちろんすぐに出会いに結びつくわけじゃないけど、彼女の作り方っていうのも結局の所は良い印象を与えられるかどうかって着地点があるように思いましたよ。
アシュレイ・マディソン
不倫